蓮沼執太のアイコン

蓮沼執太

ハスヌマシュウタ

1983年東京都生まれ。
国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースやリミックスなど、多数の音楽制作をする。
環境音や電子音を用いたサウンドワーク、自らの歌唱を取り入れた楽曲、タブラ奏者U-zhaanとのユニット、さらに「蓮沼執太フィル」を組織した大編成アンサンブルでの協働など、幅広い音楽活動を展開する。
また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、彫刻、映像、インスタレーション、パフォーマンス、ワークショップ、プロジェクトなどを制作する。
2013年にアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のグランティとしてニューヨークへ。
2017年に文化庁・東アジア文化交流史に任命されるなど、国外での活動も多い。主な個展に「Compositions」(Pioneer Works、ニューヨーク、2018)、「 ~ ing」(資生堂ギャラリー、東京、2018)など。
第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。
FUJIROCK FESTIVAL 2019 に参加、8月4日(日)京都ロームシアター・サウスホールにて「ミュージック・トゥデイ・京都」、8月25日(日)日比谷野外大音楽堂にて 蓮沼執太フィル公演「日比谷、時が奏でる」を開催。

1 件 -  8 件 / 8件
/ 1

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。