Momoko Aidaのアイコン

Momoko Aida

モモコアイダ

横浜市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学音楽学部卒業。
在学中よりアストル・ピアソラやアルゼンチンタンゴに興味を持ち、小松亮太の「小松亮太&ザ・タンギスツ」で演奏を始める。卒業後、ブエノスアイレスを訪れ、現地のミュージシャンたちとのライブやブエノスアイレス市立タンゴオーケストラ学校などで研鑽を積んだ。
現在、アルゼンチンタンゴ・プレーヤーとしての活動を軸にジャズ、ポップス、シャンソン、ラテンなど様々な音楽シーンでソロ・バイオリニスト/作編曲家としても活動。自身のタンゴバンド、クアトロシエントス(CUATROCIENTOS)で05年「四月のうた」、2007年「TANGO~Yong Song Plays Piazzolla」、2009年「El sabor de CUATROCIENTOS」をリリース。自身の別ユニット、オルケスタ・アウロラ(Orquesta Aurora)では三枚のアルバムをリリース。2014年自身のアルバム「Al cielo desierto~砂漠の空へ~」をリリース。同年11月南米三都市ツアーを行う。韓国ソウルアートセンターでクアトロシエントス単独公演、以降定期的に続けられている。多彩な音楽家との共演や楽曲提供のほか舞台/ミュージカルなどでの活動も多い。

1 件 -  11 件 / 11件
/ 1

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。