怪獣とまぼろしの国

JASRAC : 21671397
ISRC : JPJ901600220

0:00

怪獣とまぼろしの国の未再生の波形
怪獣とまぼろしの国の再生済みの波形

0:00 / 5:01

歌詞

どれだけの地図を破り捨てて
ここまで来たのだろう
新しい風の軌跡を辿っている

旅人は言う
「そんな名前の国を耳にした事はない。
じゃあ、また。
どこかで会えたなら話を聞かせてくれ」

泥だらけの靴を洗い流す二つの雨
立ち込む霧を晴らせど
足に絡んだ蔦を解けない

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
誰もがそれを幸せと気付かぬまま
眠りに就くのでした

旅人は言う
「もしもそんな怪獣が本当に居るのだとして
じゃあ、私達も同じ様に
そいつを食べてるのさ」

擦り剥いた手の傷が
いつの間にか治ってたこと
窓辺に揺れる花も枯れていくこと

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
そこには何も残らずに
気付けばまた ひとつ歳を重ねた

人は生まれながらに手渡された時間を
悲しみを癒やす ただ生きる為 落としていく

どれだけの地図を破り捨てて
ここまで来たのだろう
旅の終わりに君のこと
ちゃんと思い出せるかな

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
どこかでそれを望んでいた
気付かぬまま

誰もが迷いながら
嵐の中を進むんだ
記憶さえも時が奪い去ってく
それでもさ きっと大切な思いだけは
君自身で守るんだ

lalala

J
  • 5:01
  • 音源種別 : 歌もの楽曲
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(320kbps)
    • WAV(44.1kHz)
  • ビット深度 : 16bit

Halo at 四畳半

千葉県佐倉市出身の若き四人組。 力強さと温かさが共存する唯一無二の楽曲と圧倒的な歌と演奏でオーディエンスを魅了する。 Halo とは銀河の外側に球状に広がる空間の事であり、バンド名「Halo at 四畳半」は、Halo という想像もつかないスケールの空間と四畳半という生々しさの象徴のような空間とが共存していることを意味している。

J
  • 5:01
  • 音源種別 : 歌もの楽曲
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(320kbps)
    • WAV(44.1kHz)
  • ビット深度 : 16bit

Halo at 四畳半

千葉県佐倉市出身の若き四人組。 力強さと温かさが共存する唯一無二の楽曲と圧倒的な歌と演奏でオーディエンスを魅了する。 Halo とは銀河の外側に球状に広がる空間の事であり、バンド名「Halo at 四畳半」は、Halo という想像もつかないスケールの空間と四畳半という生々しさの象徴のような空間とが共存していることを意味している。

オーディオファイルの読み込みに失敗しました。