日本最大級の著作権フリーBGM・効果音
ストックサービス「Audiostock」

No.89056 オルガン・パッサカリアとフーガ(バッハ)

0:00

オルガン・パッサカリアとフーガ(バッハ)の未再生の波形
オルガン・パッサカリアとフーガ(バッハ)の再生済みの波形

0:00 / 12:10

WAV MP3

¥3,240

クリエイター

Zasshのアイコン画像

Zassh

登録している音源素材 187

  • no.89056
  • パッサカリアとフーガハ短調
  • 12:10
  • 音源種別 : BGM(インスト)
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(160kbps)
  • 登録日時 : 2016/08/29

西洋音楽に関わる人間にとって、バッハは本当に神のような存在です。
彼のオルガン曲の中でも最高傑作とされることの多いこちらのパッサカリアとフーガハ短調BWV582は、個人的にもバッハの曲の中で一番好きです。その数学的な緻密さや構成は,伝統工芸の職人さんみたいな神業で,おそらくここまでのレベルの計算された音楽は誰にも作れないんではないでしょうか。アナリーゼ(楽曲分析)解説とかを見るたびドン引きします。

名曲だけあって多くの録音やアレンジがあり、私も沢山購入しましたが「パッサカリア」部分と「フーガ」部分が楽譜上ではつながっているのにCDのトラック上では別トラックに別れていることが非常に多く、聴いててイラっとします。なら自分で作ればいいじゃない!
そんな経緯で打ち込みました。

バッハのオルガン曲はMIDIによる打ち込みとの親和性が非常に高いと思います。
たまにテンポを揺らして弾いたり装飾を加えたりして演奏される音源がありますが、そんな演奏よりかはむしろ機械的に流れるMIDIの方がバッハ本人が求めた音楽に近いのでは、とすら思います。

この曲は同じテーマを低音でずっと繰り返している上で変奏が成されるパッサカリア部分(~7::17まで)と、そのテーマ主題にしたフーガ(7:18~)からなります。
テンポはパッサカリア部分がBPM70、フーガをBPM83に設定していますが音楽的に必要と思われる部分は多少揺れています。
また、本来の譜面通りと違うところとしてトリルの回数を多めにしていること、一カ所だけ譜面にないトリルをつけています。自分の好みです。

途中で音色を変えて演奏されることも多いんですが、これも自分が好きな音色のまま変化せず最後まで貫いてます。


埋め込みコード



関連する作品

24

0:00

荘厳なパイプオルガンオリジナル曲の未再生の波形
荘厳なパイプオルガンオリジナル曲の再生済みの波形

0:00 / 1:52

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 141969
  • WAV
  • MP3

0:00

バッハのようなパイプオルガンの四声の曲の未再生の波形
バッハのようなパイプオルガンの四声の曲の再生済みの波形

0:00 / 1:21

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 101688
  • WAV
  • MP3

0:00

バッハ・トッカータとフーガ(鼻から牛乳)の未再生の波形
バッハ・トッカータとフーガ(鼻から牛乳)の再生済みの波形

0:00 / 8:03

Thumb.t 16422 Zassh
  • ¥ 3,240
  • No. 89522
  • WAV
  • MP3

0:00

パイプオルガンのオリジナル教会音楽の未再生の波形
パイプオルガンのオリジナル教会音楽の再生済みの波形

0:00 / 1:15

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 116693
  • WAV
  • MP3

0:00

バッハのオルガン曲「小フーガト短調」の未再生の波形
バッハのオルガン曲「小フーガト短調」の再生済みの波形

0:00 / 3:45

Thumb.t 16422 Zassh
  • ¥ 2,160
  • No. 89067
  • WAV
  • MP3

0:00

パイプオルガンオリジナル曲バッハ風です。の未再生の波形
パイプオルガンオリジナル曲バッハ風です。の再生済みの波形

0:00 / 1:22

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 81278
  • WAV
  • MP3

0:00

パイプオルガン前奏曲オリジナルです。の未再生の波形
パイプオルガン前奏曲オリジナルです。の再生済みの波形

0:00 / 1:13

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 93652
  • WAV
  • MP3

0:00

約一分のパイプオルガンオリジナル前奏曲の未再生の波形
約一分のパイプオルガンオリジナル前奏曲の再生済みの波形

0:00 / 1:02

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 118923
  • WAV
  • MP3

0:00

パイプオルガンのバッハのような教会用の曲の未再生の波形
パイプオルガンのバッハのような教会用の曲の再生済みの波形

0:00 / 1:51

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 118325
  • WAV
  • MP3

0:00

パイプオルガンのバッハ風オリジナル曲ですの未再生の波形
パイプオルガンのバッハ風オリジナル曲ですの再生済みの波形

0:00 / 1:13

Thumb.t 8440 岡野ゆかり
  • ¥ 2,160
  • No. 69356
  • WAV
  • MP3

関連する作品24点を表示

WAV MP3

¥3,240

クリエイター

Zasshのアイコン画像

Zassh

登録している音源素材 187

  • no.89056
  • パッサカリアとフーガハ短調
  • 12:10
  • 音源種別 : BGM(インスト)
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(160kbps)
  • 登録日時 : 2016/08/29

西洋音楽に関わる人間にとって、バッハは本当に神のような存在です。
彼のオルガン曲の中でも最高傑作とされることの多いこちらのパッサカリアとフーガハ短調BWV582は、個人的にもバッハの曲の中で一番好きです。その数学的な緻密さや構成は,伝統工芸の職人さんみたいな神業で,おそらくここまでのレベルの計算された音楽は誰にも作れないんではないでしょうか。アナリーゼ(楽曲分析)解説とかを見るたびドン引きします。

名曲だけあって多くの録音やアレンジがあり、私も沢山購入しましたが「パッサカリア」部分と「フーガ」部分が楽譜上ではつながっているのにCDのトラック上では別トラックに別れていることが非常に多く、聴いててイラっとします。なら自分で作ればいいじゃない!
そんな経緯で打ち込みました。

バッハのオルガン曲はMIDIによる打ち込みとの親和性が非常に高いと思います。
たまにテンポを揺らして弾いたり装飾を加えたりして演奏される音源がありますが、そんな演奏よりかはむしろ機械的に流れるMIDIの方がバッハ本人が求めた音楽に近いのでは、とすら思います。

この曲は同じテーマを低音でずっと繰り返している上で変奏が成されるパッサカリア部分(~7::17まで)と、そのテーマ主題にしたフーガ(7:18~)からなります。
テンポはパッサカリア部分がBPM70、フーガをBPM83に設定していますが音楽的に必要と思われる部分は多少揺れています。
また、本来の譜面通りと違うところとしてトリルの回数を多めにしていること、一カ所だけ譜面にないトリルをつけています。自分の好みです。

途中で音色を変えて演奏されることも多いんですが、これも自分が好きな音色のまま変化せず最後まで貫いてます。


埋め込みコード


オーディオファイルの読み込みに失敗しました。