日本最大級の著作権フリーBGM・効果音
ストックサービス「Audiostock」

No.74176 切ないロックバラード曲

0:00

切ないロックバラード曲の未再生の波形
切ないロックバラード曲の再生済みの波形

0:00 / 5:26

歌詞

優しい それだけの貴方 愛した 私は求める
貴方の香りに包まれ 眩しい朝日を迎える

くだらないことで笑いあえた
互いに理解しようとしてた
言葉より深く繋がれてた 小さな幸福

目を開けばいつも貴方は寝顔で
それを眠るまで眺めてた
身体を求め合い 心を探し合う
お互いの存在を感じるように……

幸せ 確かに感じた ぬくもり 貴方を感じた
いつしか背中を合わせて 目覚めはいつも独りきり

あんなに愛し合っていたのに
時間が二人を引き裂いてく
言葉よりもっと抱き締めてよ 気付けば馴れ合い

振り向いたら今は孤独な空白
それを思う度悲しくて
身体も求めない 心は渇いてく
お互いの価値は感じられずに…

気が付けば二人 すれ違うだけ
顔を合わせても 声も掛けない
あんなに好きで愛しい夢は幻のように消えてしまう

振り向いたら今は孤独な空白
それを思う度悲しくて
身体も求めない 心は渇いてく
お互いの価値は感じられずに

背中合わせのまま朝日を迎える
そんな事ばかり虚しくて
愛しているかさえ今ではわからない
終末見える関係に終止符を

煙草の火を消すようにこの恋は終わる…
過ぎた時は戻せない 足跡に変わるの…………

WAV MP3

¥3,240

クリエイター

Kenji Miyakeのアイコン画像

Kenji Miyake

登録している音源素材 10

  • no.74176
  • 切ないロックバラード曲
  • 5:26
  • 音源種別 : 歌もの楽曲
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(119kbps)
  • 登録日時 : 2016/01/14

低音での切ない世界観をイメージした、切ないロックバラードです。
激しさも含めてはいますが、叫ぶような感情はなく、
過去を回想するような情景です。

アルバムの中では、シングルカットされない、
中盤に位置するようなイメージの曲です。


埋め込みコード



関連する作品

6

0:00

ストリングスが印象的な疾走感あるロックの未再生の波形
ストリングスが印象的な疾走感あるロックの再生済みの波形

0:00 / 5:03

Thumb.t 44056 Tokage Studio
  • ¥ 3,240
  • No. 137035
  • WAV
  • MP3

0:00

重いロックバラードの未再生の波形
重いロックバラードの再生済みの波形

0:00 / 6:22

Thumb.t 1844 Kenji Miyake
  • ¥ 5,400
  • No. 57005
  • WAV
  • MP3

0:00

ファンタジーなディズニー風子守歌の未再生の波形
ファンタジーなディズニー風子守歌の再生済みの波形

0:00 / 3:06

Thumb.def artwork zurotan
  • ¥ 5,400
  • No. 117508
  • WAV
  • MP3

0:00

ドラマの主題歌に適す 冬の海の映像浮かぶの未再生の波形
ドラマの主題歌に適す 冬の海の映像浮かぶの再生済みの波形

0:00 / 3:37

Thumb.t 12135 Bapak Uchida
  • ¥ 5,400
  • No. 151572
  • WAV
  • MP3

0:00

1970年代洋楽ソウル メロウなグルーヴの未再生の波形
1970年代洋楽ソウル メロウなグルーヴの再生済みの波形

0:00 / 4:27

Thumb.t 5137 C_O (しーおー)
  • ¥ 3,240
  • No. 121590
  • WAV
  • MP3

0:00

女声 バンド編成 切ないポップスロックの未再生の波形
女声 バンド編成 切ないポップスロックの再生済みの波形

0:00 / 3:05

Thumb.t 19871 ロケットえんぴつ3号
  • ¥ 5,400
  • No. 105305
  • WAV
  • MP3

関連する作品6点を表示

WAV MP3

¥3,240

クリエイター

Kenji Miyakeのアイコン画像

Kenji Miyake

登録している音源素材 10

  • no.74176
  • 切ないロックバラード曲
  • 5:26
  • 音源種別 : 歌もの楽曲
  • チャンネル : ステレオ
  • データ情報:
    • MP3(119kbps)
  • 登録日時 : 2016/01/14

低音での切ない世界観をイメージした、切ないロックバラードです。
激しさも含めてはいますが、叫ぶような感情はなく、
過去を回想するような情景です。

アルバムの中では、シングルカットされない、
中盤に位置するようなイメージの曲です。


埋め込みコード


オーディオファイルの読み込みに失敗しました。