今すぐチェック

日本最大級の著作権フリーBGM・効果音
ストックサービス「Audiostock」

Audiostock定額制利用規約

この規約(以下「定額制規約」といいます)は、Audiostock 定額制サービス(以下「定額制サービス」といいます)の利用について条件を定めています

第一章 総則

第1条(適用関係)

  1. 定額制規約は、「Audiostock 利用規約」(以下「原規約」といいます)が適用されることを前提とし、原規約の特則として適用されます。
  2. 定額制規約においては、原規約第3章による作品の提供形式(会員が1作品毎に課金し、当該作品の永久的な利用権の付与を受ける方法。)を「個別課金制」と呼び、定額制サービスによる作品の提供と区別します。
  3. 原規約第1章の規定は、本規約に準用されます。

第2条(登録)

  1. 定額制サービスは、そのプランに応じ、当社が認めた法人または個人が利用することができます。定額制サービスの利用を希望する方(以下「定額制登録希望者」といいます)は、当社所定の方法により当社の定める必要事項を提供し、定額制サービスの利用の登録を申請する必要があります。定額制登録希望者は、既に当該法人または個人として登録済みでないかを十分に確認するものとします。
  2. 当社は、当社の基準に従って、登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録希望者の定額制会員(定額制サービスの利用資格を有する会員)としての登録が完了したものとします。当社は、定額制会員に対し、定額制サービスのプランに応じた当社所定の基準により、単一または複数のアカウントを発行します。
  3. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った定額制サービス利用契約が会員と当社の間に成立し、会員は各プランに従った定額制サービスを利用することができるようになります。
  4. 原規約第2章の規定は、第3条4項、第4条ないし第6条が本規約にそれぞれ準用されます。準用にあたっては、その趣旨に従い、原規約の「本規約」「会員」「本サービス」「サービス利用契約」はそれぞれ「定額制規約」「定額制会員」「定額制サービス」「定額制サービス利用契約」に読み替えるものとし、以後同様とします。

第3条(作品の提供方式)

  1. 当社は、定額制サービス上で、クリエイターから許諾を受けた作品を、RF(ロイヤリティフリー)の形態で会員に提供します。RF(ロイヤリティフリー)は、本規約に定める利用許諾の範囲内で何度でも利用することができる利用許諾の方式です。
  2. 当社が定額制サービス上で提供する作品と個別課金制で提供する作品は、共通する作品もありますが、一部異なります。定額制サービス上で提供する作品についても、定額制サービスのプランによって一部異なります。また、クリエイターの意向等の事情により、定額制サービスもしくは当該プランにおいて提供する作品は、随時変更されます。

第4条(ライセンス形態)

  1. 定額制会員の具体的なライセンス形態は以下に規定するほか、各プランに従い本規約に規定するとおりです。
    1. 定額制会員としての地位を有する期間に限り、当社が提供する作品の中から任意の作品を選択し、自ら管理する端末・記録媒体等にダウンロードし、利用することができます。ただし、選択できる作品の種類はプランによって異なります。
    2. 作品の利用については、原規約第10条が準用されます。
    3. 定額制会員としての地位を失った場合、定額制サービスの作品の利用を直ちに停止するとともに、定額制サービスの作品の一切を、全ての端末・記録媒体等から削除しなければなりません。たとえ、再度定額制サービスの利用を希望する場合であっても同様です。
    4. ただし、定額制会員としての地位を失った場合といえども、定額制会員としての地位を有する期間中に定額制サービスの作品を利用して新たに制作した成果物(定額制サービスの作品を収録して制作された動画・音楽等)の利用については影響がありません。
    5. プランによっては、ダウンロードできる作品の数量に一定の制限があります。
    6. その他、作品の利用ができない範囲(禁止事項)は、原規約第10条を準用します。
  2. 前項のとおり、定額制と個別課金制とはライセンス形態が異なるため、会員は、各プランに応じた定額制サービスにて自ら保管する端末・記録媒体等にダウンロードした作品と、個別課金制にて購入した作品を、フォルダを分ける等の方法により厳密に区別して管理するものとします。
  3. 第1項により、定額制会員と業務委託関係にある第三者(外注先等)は、原則として作品を利用することはできません。ただし、定額制会員が主体として製作するコンテンツの制作の全部または一部を受託する第三者であり、当該コンテンツのみに利用する場合に限り、当該第三者は作品を利用することができます。この場合、定額制会員は、当該第三者に対し、当該コンテンツの完成後、速やかに作品を自ら保管する端末・記録媒体等から削除させるものとし、当該第三者の不正利用(定額制規約または原規約に違反する作品の利用。以下同じ。)について連帯して責任を負うものとします。

第5条(契約期間)

  1. 定額制サービス利用契約の契約期間は、プランに応じ、当社が別途提示するところによります。ただし、当社が特段の定めをする場合を除き、自動更新となります。
  2. 定額制サービス利用契約が終了した場合、終了と同時に定額制会員としての資格を失います。再度、定額制サービスの利用を希望する場合は、別途当社が手続の省略を認める場合を除き、第2条の手続によるものとします。
  3. 定額制会員は、いつでも、定額制サービス利用契約の解除を申請することができます。この場合、所定の契約期間の満了により定額制サービス利用契約は終了します。
  4. 定額制会員は、定額制サービス利用契約の取消・キャンセルのほか、契約期間の途中での解除を行うことはできません。定額制サービスはクーリングオフの適用はありません。

第6条(解約、解除等)

  1. 定額制会員は、いつでも、当社所定の方法により、定額制サービス利用契約の解約を申請することができます。解約の具体的な効果は、プランにより異なります。
  2. 定額制会員は、定額制サービス利用契約の取消・キャンセルのほか、本規約に定める以外の方法での解約・解除を行うことはできません。定額制サービスはクーリングオフの適用はありません。

第7条(定額制サービスの料金)

  1. 定額制サービスの料金は、プランに応じ、当社が別途定めるところによります。
  2. 当社は、定額制サービスの料金、支払に関する条件を随時変更することができるものとします。この場合、契約期間中は影響を受けませんが、契約更新後の料金や支払に関する事項は変更後の条件が適用されます。

第8条(支払に関する事項)

  1. 定額制サービスの料金の支払方法等は、各プランにより異なります。
  2. 当社は、定額制サービスの料金、支払に関する条件を随時変更することができるものとします。この場合、契約期間中は影響を受けませんが、契約更新後の料金や支払に関する事項は変更後の条件が適用されます。
  3. 定額制会員が所定の支払期日までに料金の支払がないとき、当社は、当該会員の定額制サービスの利用を停止し、または定額制サービス利用契約を解除して定額制会員の資格を喪失させることができるものとします。かかる措置について、当社は所定の料金の請求権を失わず、かつ、既に受領した料金の返還義務を負わないものとします。
  4. 同一の法人または個人が重複する定額制サービス契約を行った場合であっても、当社はそれぞれの契約に基づき料金を請求することができ、かつ受領した料金を返還する義務を負わないものとします。
  5. 原規約第3章の規定は、第10条、第12条が本規約にそれぞれ準用されます。

第9条(定額制サービスの内容の変更、中止)

  1. 当社は、定額制会員に事前に通知することなく、定額制サービスの内容の全部または一部を変更、追加、廃止することができるものとします。この場合、契約期間中は影響を受けませんが、当社が特段の定めをする場合を除き、契約更新後の定額制サービスの内容は変更後のものとなります。
  2. 当社は、やむを得ない事情がある場合、当社の判断により定額制サービスの全部または一部の提供・運営を中止することができるものとします。この場合、当社は、既に受領した料金の一部の返還を行いますが、その手続は別途当社が定めるものとします。

第10条(違約金等)

  1. 当社は、定額制会員または定額制会員であった者(以下、本条で単に「会員」という)が作品の不正利用をしていることにつき相当の理由がある場合、当該会員に対し、必要な事項につき照会を求めることができ、会員はこれに誠実に対応するものとします。
  2. 会員は、第4条1項、第11条1項または第14条に違反した作品の利用を行った場合、当該会員の属性(法人か個人か、法人の規模等。形式ではなく実質により判断されるものとします)を基礎として、当社の定めた基準において当該会員に適用され得る最も高額のプランにおける定額制料金の上限の3年分相当の損害賠償を支払う義務を負うものとします。なお、これは違約金の最低金額を定めたものであり、別途、当社がこれを超える損害(著作権法上の推定規定等による場合も含みます)の賠償を請求することは妨げられないものとします。
  3. 原規約第4章の規定は、第14条、第16条が本規約にそれぞれ準用されます。
  4. 原規約第5章の規定は、第17条3項、第18条ないし第32条が本規約にそれぞれ準用されます。

第二章 プロプランの規定

第11条(プロプランのライセンス条件)

  1. プロプランにおいて、作品を利用することができる主体の範囲は以下のとおりです。
    1. 定額制会員が個人の場合、当該個人のみが利用可能です。
    2. 定額制会員が法人の場合、当該法人の役員及び従業員が、当該法人の業務として利用する場合のみ利用可能です。当該法人の役員または従業員であっても、当該法人以外の業務または個人的な業務や趣味等として利用することはできません。また、あくまで当該法人のみが対象であり、当該法人の親会社・子会社その他の関連会社は対象外です。
    3. 前各号により、定額制会員と業務委託関係にある第三者(外注先等)は、原則として作品を利用することはできません。ただし、定額制会員が主体として製作するコンテンツの制作の全部または一部を受託する第三者であり、当該コンテンツのみに利用する場合に限り、当該第三者は作品を利用することができます。この場合、定額制会員は、当該第三者に対し、当該コンテンツの完成後、速やかに作品を自ら保管する端末・記録媒体等から削除させるものとし、当該第三者の不正利用(定額制規約または原規約に違反する作品の利用。以下同じ。)について連帯して責任を負うものとします。
  2. プロプランにおいては、商用・非商用問わず、原規約第10条に反しない限り、あらゆる方法により、作品を利用することができます。
  3. プロプランにおいては、ダウンロードすることができる作品の数に制限はありません。

第12条(プロプランの解約の効果)

  1. プロプランにおいては、定額制サービス利用契約の解約は契約更新の拒絶とみなされ、契約期間の満了により定額制サービスは終了します。
  2. 前項による解約は、契約期間の料金に何らの影響を生じさせません。

第13条(プロプランの支払に関する事項)

プロプランの料金の支払に関する事項は、以下に定めるほか、当社が別途定めるところによります。

  1. 料金の支払方法
    • クレジット決済(自動決済) または 請求書発行による銀行振込
  2. 料金の発生日
    • 定額制サービス契約の開始日(起算日 例:7月7日。)
  3. 料金の締日、支払日
    • クレジット決済の場合
      • 月々払いの場合、毎月の起算日と同じ日(7月7日、8月7日、9月7日・・・)が締日かつ支払日
      • 起算日が月末の場合であり当月の起算日が存在しない場合、当月の末日が締日かつ支払日(起算日が1月31日の場合、2月の支払日は2月28日)
    • 請求書発行の場合
      • 月末締め翌月初旬請求書発行の翌々月末支払。
        例)
        2019年10月10日に契約
        2019年11月初旬に請求書発行(2019年12月末が振込期限)

第三章 個人プランの規定

第14条(個人プランのライセンス条件)

  1. 個人プランにおいて、作品を利用することができる主体は、当該個人のみです。
  2. 個人プランにおいては、原規約第10条に反しない限りで、商用・非商用問わず、以下の方法に限り作品を利用することができます。放送番組、テレビCM、映画、スマートフォンアプリ、ゲーム等、以下に該当しないものは対象外です。
    1. 動画投稿サービス、WEB広告等のインターネット上での利用
    2. イベントでの利用、店舗・オフィス等でのBGMとしての利用
  3. 個人プランにおいては、ダウンロードすることができる作品の数に制限はありません。ただし、当社が特に認める場合を除き、1日に50作品を超えてダウンロードすることはできません。

第15条(個人プランの解約の効果)

  1. 個人プランにおいては、定額制サービス利用契約の解約により、直ちに定額制サービス利用契約は終了します。
  2. 前項による解約は、契約期間の料金に何らの影響を生じさせません。

第16条(個人プランの支払に関する事項)

個人プランの料金の支払に関する事項は、以下に定めるほか、当社が別途定めるところによります。

  1. 料金の支払方法
    • クレジット決済(自動決済)のみ
  2. 料金の発生日
    • 定額制サービス契約の開始日、更新日
  3. 料金の支払日
    • 2.と同様

2020年7月1日 改訂